Soritia.jp
ブックマーク

スパイダー・ソリティアの詳しいルール

スパイダー・ソリティアのルールは単純です。カードの配置とトランプ用語も合わせて覚えると、さらに分かりやすくなるでしょう。

基本用語

カード

カードには4つの種類があります。ハート、クラブ、ダイヤ、そしてスペードです。また、13のランクがあります。キング、クイーン、ジャック、10、9、8、7、6、5、4、3、2、そしてエースです。カードにはすべて種類とランクがあり、1組のトランプには52枚のそれぞれ違うカードがあります。このようなカードをご存知のことと思われます。

このゲームは1種類、2種類、または4種類のカードで遊ぶことができます。1種類で遊ぶゲームは初級編、2種類で遊ぶゲームは中級編、4種類で遊ぶゲームは難しく、上級編になります。
カードの種類が多いほどクリアするのが難しくなります。上級編の勝率は極めて低く、中級編が最も多く遊ばれています。

配置

テーブル上のカードは主に3つに分けられます。場札、山札、そして組札です。これらの用語を知らなくても遊ぶことはできますが、覚えた方がゲームの局面を理解しやすくなります。

場札

場札は、テーブル上で移動できるカードのことです。カードは水平に並べられた10列(欄ともいう)に均等に配られます。カードは各列に積み重ねられます。

山札

山札は、場札に配られるカードです。山札をクリックすると、10枚のカードが1枚ずつ場札の列に表向きに配られます。ただし、空き列がある場合はカードを配ることはできません。

組札

組札は、同じ種類ごとに並べられたカードです。組札の配置は厳密には必要ありませんが、あった方がゲームの進行状況を把握しやすくなります。

Spider Solitaire Game Areas
図1 - カードの配置: ①場札 ②山札 ③組札

列や場札

列は場札と呼ばれることがありますが、二つには大きな違いがあります。列は場の中でカードが置かれる位置を指しますが、場札は列に置かれる1枚以上のカードのことを言います。

カードが置かれていない列は空き列などと呼ばれます。1枚以上のカードが置いてある列は埋まった列などと呼ばれます。カードがないと場札は成り立ちません。空き列は、空の場札や空いた欄や空いた枠などと呼ばれることがあります。

列を空けるためにカードを移動させるのは、ゲームの中でとても重要な動きです。この動きは通常「列を空ける」「列を空にする」などと呼ばれます。
同種類ランを空き列に移動させる動きは通常「列を埋める」と呼ばれます。「列が埋まっている」時は、普通すぐには空けられないという意味になります。

初期配置

4列に5枚、残りの6列に4枚ずつ、合計44枚のカードが裏向きに配られます。これらのカードは表が隠され、その種類とランクが分からないようになっていて、伏せカードとも呼ばれます。

裏向きのカードがすべて配られると、10列に1枚ずつ表向きのカードが配られます。これらのカードはめくられたカードとも呼ばれ、その種類とランクが分かるようになっています。

ラン

すべてのランクには数字の強さがあります。キングが一番強く、次にクイーン、ジャック、10と続き、エースが一番弱いカードになります。しかし、スパイダー・ソリティアでは、カードの強さは関係ありません。

カードは通常、ランクによって並べられます。前のカードより1つ違う数字のカードを重ねることによって並べます。これには降順と昇順の2つの並べ方がありますが、スパイダー・ソリティアでは降順の並べ方だけが重要になります。

カードはランクによって数字が1つずつ小さくなるよう列に重ねられ、このような連続したカードをランと呼びます。例えば、キングの上にクイーンとジャックが順に重ねられたランは3枚ランと呼ぶことができます。その列ではキングの数字が一番大きく、ジャックが一番小さいカードになります。

他の条件がない場合、ランはランクだけに従って並べられます。ラン内のカードの種類は同じである必要はありません。しかし、もし同じ種類である場合は同種類ランと呼ばれ、複数の種類を含む場合は複数種類ランと呼ぶことができます。

基本的にランは2枚以上のカードを指しますが、厳密に言うと1枚でも1枚ランになり、このように呼んだ方が分かりやすいでしょう。スパイダー・ソリティアの場合、1枚ランは同種類ランになります。

他のカードゲームと同じように、ランはスパイダー・ソリティアでも、とても重要な要素です。

Example of runs
図2 - ランの例 - ①のランは同種類ではないため移動不可 ②、③、④のランは同種類のため移動可能(②のランはクラブの10を含まない)

遊び方

列の一番上にある同種類ランをクリック&ドラッグし、空いた列や他の列の一番上に置いて遊びます。同種類ランは1〜12枚までカードを含むことができます。動かすにはランの一番奥のカードをドラッグしますが、同種類ランのすべてのカードを動かす必要はありません。例えば、ハートのジャック・10・9の同種類ランが列の一番上にあるとします。それぞれに移動先があるとして、同種類ランのカードをすべて動かしすこともできるし、10・9のラン、あるいは9だけを動かすことができます。同種類ランをすべて動かさない方が良いこともあります。

同種類ランは、1つ数字が大きいカードの上に置くことができます。ただし、移動先のカードは同種類ランと同じ種類である必要はありません。例えば、スペードの7・6・5・4のランは8のカードの上にしか移動できませんが、8のカードはスペードである必要はありません。

カードをこれ以上移動できなくなったら、または移動したくない時は、山札の裏向きのカードをクリックして、10枚のカードを場の列に1枚ずつ表向きに配ることができます。(ただし、場に空き列がある場合は配ることはできません。)
配り終えたら、上記の説明通りゲームを続けます。山札のカードをすべて配り、場からカードをすべて取り除けなかった場合は負けとなります。

ゲームの目標は、それぞれ違う13枚のカードを同種類でキングからエースまで重ねたセットを作ることです。このようなセットを組と呼び、この動きは「カードを重ねる」「カードを並べる」「組を完成させる」などと呼ばれます。合計104枚のカードを使い、どの難易度でも8組のカードを作ります。場のカードがすべて取り除かれ、8つの組が完成したらゲームクリアです。逆に言えば、場からカードをすべて取り除くことがゲームの目標であるとも言えます。

一番数字が大きいキングは、他のカードの上に置くことができない唯一のカードです。そのため空き列にしか動かすことができません。キングの上にカードを重ね、組が完成したら自動的に場から取り除かれます。

一番数字が小さいエースは、どのカードも重ねられない唯一のカードです。ただし山札からカードが配られる場合は、列の一番上のカードがエースだとしても、その上に重ねられます。

スコア

Soritia.jpでは、完成した組1つにつき1300点(1枚のカードにつき100点)が与えられ、ゲームをクリアすると10400点(1300点 x 8組)になります。

バリエーション

スパイダー・ソリティアの初級、中級、上級編の他にも幾つかバリエーションがあります。

多くのプレーヤーは、最後の操作を取り消す「元に戻す」ボタンを多用します。また、初めに配られる10枚の表向きのカードだけを見て、ゲームを遊ぶか破棄するか判断するプレーヤーも多くいます。破棄した場合はメニューから新しいゲームを選択してやり直します。また、遊んでいる途中でクリアできないと判断した場合、同じ配置でゲームを初めからやり直すこともできます。これら3つのオプションを活用すればクリアできる可能性が高くなるでしょう。

自分のスコアや他の人のスコアを上回ろうと高スコアを目指したり、最短時間でクリアしようと時間を競ったり、できるだけ多くのゲームを勝って勝率を上げたり、様々な遊び方ができます。勝率はクリアしたゲームの数を全体の遊んだ回数で割って計算され、%で表示されます。(登録すれば、記録メニューから自分の勝率を確認することができます。)

また、スコアやクリアすることは気にせず、単に楽しむという遊び方もあります!

早速ゲームを遊んでみましょう!
ゲームガイド一覧に戻る


ホームページに戻る


Soritia.jp
   
2017-2021 Soritia.jp, 無断複写・転載を禁じます
既にアカウントをお持ちですか? こちらからサインイン
 ユーザー名やパスワードをお忘れですか?

記録

毎日のメールオプション
パスワードを変更する

サインアウト

必ずクリアできるソリティアゲームのリストを毎日配信いたします。(過去に少なくとも一度はクリアされた問題)

弊社の新しいモバイル用アプリをチェックしてください!
アイコンをクリックするかお手持ちのスマートフォンでスキャンしてください [ ? ]iPhoneの場合 —— iPhoneのロックを解除してカメラを起動し、QR codeに近づけてお持ちください。For Androidの場合 —— QRリーダーのアプリをお持ちでない場合はモバイルウェブブラウザからサイトに移動し、バナーをクリックしてください。
App Store上のアプリ
 
Google Play上のアプリ